『藁の楯』 – 懸賞金を懸けられた殺人犯を移送する刑事たちの緊迫した道程を描いたサスペンス・アクション映画

『藁の楯』 – 懸賞金を懸けられた殺人犯を移送する刑事たちの緊迫した道程を描いたサスペンス・アクション映画

評価・レビュー

藁の楯は、木内一裕の小説『藁の楯』を原作とした日本映画です。

孫を殺した清丸という男を殺せば、10億円の謝礼を支払うという広告が新聞に掲載されます。広告を出したのは、蜷川という政財界の大物で、自分の手で殺してやりたいが、心臓を患っているためそれはできない、代わりに殺してほしいというのです。

身の危険を感じた清丸は、福岡県警に出頭します。そして、銘苅・白岩などを護衛につけて、清丸を東京に移送することになり、様々な人たちが10億円のために清丸を狙ってきます。

ストーリーはこんな感じです。まず、良かった点ですが、藤原竜也さんの迫真の演技ですね。見事なクズっぷりで、誰も共感できない最低な人間を見事に演じていました。カイジもそうですが、クズが似合いますねー(笑) 素晴らしい役者さんだと思います。

その他は、良い点が見当たりませんでした。福岡から移送する際に、整備士が細工をしようとして捕まったということで、飛行機が使えなくなります。護送車で東京を目指すことになるのですが、ものすごい大量のパトカーと擬装用の護送車が出てくるんですよね。

この時点で興醒めしてしまうというか・・・映画なので別にリアリティは求めていないのですが、どこか現実に起こるかもしれないと、錯覚させる必要はあると思うんですよね。SFやファンタジーなら別かもしれませんが、藁の楯はサスペンスアクションなので、特にこの辺りは重要だと思います。

なので、日本映画でバンバン銃を撃ったり、大量の警官が出てきて大騒動になったりすると、ものすごく違和感を感じてしまいます。

それに、そこまでして清丸を東京に移送する必要ってあるのかな、という素朴な疑問が沸いてきてどうもしっくりこなかったです。素人考えでは、福岡県警で保護すればいいだけの話だと思っちゃうんですよね。話の根底となる大事な部分なので、移送する明確な理由はちゃんと説明してほしかったです。

そんなこんなで、全体的に良い評価はできない映画でした。

 

あらすじ

少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配される。清丸を殺せば10億円の謝礼を支払うという新聞広告が出され、身の危険を感じた清丸は福岡県警に自ら出頭。清丸の命が狙われるという状況下、警視庁警備部のSP銘苅(大沢たかお)と白岩(松嶋菜々子)は凶悪犯を移送することになる。

via Yahoo!映画

藁の楯 予告編

 

キャスト

役名 俳優
銘苅一基 大沢たかお
白岩篤子 松嶋菜々子
清丸国秀 藤原竜也
蜷川隆興 山崎努
奥村武 岸谷五朗
関谷賢示 伊武雅刀
神箸正樹 永山絢斗
大木 本田博太郎

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。