『チャッピー』 – 万人受けしそうで、かつメッセージ性もあるロボットSF映画

『チャッピー』 – 万人受けしそうで、かつメッセージ性もあるロボットSF映画

評価・レビュー

チャッピーは、2015年に公開されたSF映画です。監督は、第9地区やエリジウムでおなじみの、ニール・ブロムカンプ監督です。

舞台は2016年の南アフリカのヨハネスブルグです。警察は、大手兵器会社から人工知能を搭載しているロボットを大量に購入し、犯罪者の逮捕に役立てていました。

そんな中、ロボット達の生みの親であるディオンは、感情を持ったロボットの開発がどうしてもしたいと密かに研究を進めていました。自宅で行っていた研究が見事成功し、実際にロボットを使って検証したいと社長に申し出るのですが、必要ないと一脚されてしまいます。

それでも研究を続けようとしていたところ、ロボットがギャングに奪われてしまったから、さぁ大変!感情があり、学習していくロボット”チャッピー”がギャングたちのもとで成長していきます。チャッピーによってギャングたちの心にも変化が表れ始めていくという物語です。

もうね、とにかくチャッピーが可愛くてしょうがないです。テンポもあってわかりやすく、万人受けしそうな作品でした。普段映画を見ない人も楽しめる内容になっています。それでいて、ちゃんとメタファーも込められていて、完成度の高い映画です。

ニール・ブロムカンプといえば、貧困や格差社会をテーマにした作品が多いですが、今作では「善悪」と「命」について、メタファーとして込められていると思われます。

善悪と命というと、ちょっと重そうなイメージになりますが、コミカルに描かれているのもあって非常に見やすいです。

監督の伝えたいことは何なのか考察しながら見るのも良し、たまには映画でも見ようかなと軽い気持ちで見るのも良し、どんな人にもおすすめできる映画でした。

 

あらすじ

2016年.犯罪多発都市、南アフリカ・ヨハネスブルグ。ロボット開発者のディオン(デーヴ・パテル)は、学習機能を備えたAI(人工知能)を搭載した世界でただ一体のロボットを極秘で製作。“チャッピー”と名付けられたそのロボットを起動させると、まるで子供のように純粋な状態であった。だが、チャッピーはディオンとともにストリートギャングにさらわれ、そのAIにはギャングによって生きるための術が叩き込まれていく。そんな中、加速度的に成長するAIは彼自身のバッテリーが残り5日間しかないことを知り、さらに死への恐怖をも感じるようになっていく。やがて、ただ生きることを目的としたチャッピーは人知を超えた行動を起こし始めるが……。

via Movie Walker

チャッピー 予告編

 

キャスト

役名 俳優
チャッピー(声/モーションキャプチャ) シャールト・コプリー
ディオン・ウィルソン デーヴ・パテール
ニンジャ ニンジャ
ヨーランディ ヨ=ランディ・ヴィッサー
アメリカ ホセ・パブロ・カンティージョ
ヴィンセント・ムーア ヒュー・ジャックマン
ミシェル・ブラッドリー シガニー・ウィーバー
ヒッポ ブランドン・オーレット
ピットブル ジョニー・K・セレマ
アンダーソン・クーパー アンダーソン・クーパー

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。