『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 – タイムループしながら敵に挑むゲームのようなSFアクション映画

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 – タイムループしながら敵に挑むゲームのようなSFアクション映画

評価・レビュー

オール・ユー・ニード・イズ・キルは、桜坂洋のライトノベル『All You Need Is Kill』を原作に制作されたSFアクション映画です。

ギタイと呼ばれる宇宙からの侵略生物に攻撃されている地球で、元々広報担当だった主人公ケイジが戦地に送り込まれます。そこでアルファと呼ばれるタイムループ能力を持った個体にケイジは殺されるわけですが、その時にアルファの血を浴びて体内にアルファの血液が流れたことでケイジもタイムループの能力を手に入れます。

アルファを過去に戻しているのは、オメガと呼ばれるギタイの親玉です。オメガはどこかに潜んでいて居場所がわからないのですが、こいつを倒すことでギタイはすべて消滅するということで、オメガを倒すためにタイムループを繰り返しながら、徐々にスキルアップしていくというストーリーです。

死んだらリセットされてまた敵に挑むという、ゲームみたいな内容ですね。

タイムループで同じ日が繰り返されるわけですが、サクサクとテンポよく話が流れていくので、途中で飽きちゃうという感じはないです。また、タイムループという小難しくなりそうな内容も、わかりやすく描かれていて理解しやすいです。

細かいことを気にし始めると色々と疑問点が浮かんでくるので、あまり気にせずライトに楽しむ映画かなと思います。原作だともっと詳細な説明がされているのでしょうか。

 

あらすじ

近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイムループの世界にとらわれ、戦闘と死を繰り返す。そんな中、特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)と出会ったケイジは、彼女と一緒に何度も戦闘と死を繰り返しながら戦闘技術を向上させ……。

via Yahoo!映画

オール・ユー・ニード・イズ・キル 予告編

 

キャスト

役名 俳優
ウィリアム・ケイジ トム・クルーズ
リタ・ヴラタスキ エミリー・ブラント
ファレウ曹長 ビル・パクストン
ブリガム将軍 ブレンダン・グリーソン
カーター博士 ノア・テイラー
グリフ キック・ガリー
クンツ ドラゴミール・ムルジッチ
ナンス シャーロット・ライリー
スキナー ジョナス・アームストロング
フォード フランツ・ドラメー
キンメル トニー・ウェイ

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。