『インソムニア』 – 白夜のアラスカで罪悪感と不眠症に悩む刑事を描いたサスペンス映画

『インソムニア』 – 白夜のアラスカで罪悪感と不眠症に悩む刑事を描いたサスペンス映画

評価・レビュー

インソムニアは、1997年に製作されたノルウェー映画『インソムニア』をリメイクして公開された2002年のアメリカ映画です。インソムニアとは英語で不眠症を意味します。

主人公ドーマーは相棒のハップと一緒に、アラスカの田舎町で殺された少女の事件を捜査することになります。犯人追跡中に誤って相棒を撃ち殺してしまいます。しかし、ドーマーは犯人に撃たれたと供述し、偽装工作を行い自分のミスを隠したのです。

白夜のアラスカと罪悪感で不眠症になってしまったドーマーのもとに、犯人から電話がかかってきてドーマーがハップを撃ったところを目撃したと言い出します。そこで犯人は、少女殺しの罪を別の人間に着せることで、相棒殺しの件も黙っていると取り引きを申し立ててきます。

そこから、ドーマーの不眠症はさらに悪化していき、ストーリーが展開していくという流れです。

クリストファー・ノーラン監督ということで複雑なサスペンスを予想していましたが、変に難しくなく意外にあっさりとした内容でした。展開は、後半になるにつれて、徐々にテンポアップしていきます。

途中で犯人が出てくるので、謎解き的な要素はありません。特にこれといった特徴もない、普通のサスペンスという感じでしたね。

一言でいうと、自業自得な気がして、ドーマーにはあんまり感情移入できませんでした。ハップを誤って撃ったときに、素直に事故だと言えば良かったのに・・・

 

あらすじ

白夜のアラスカの田舎町,ナイトミュートで、17歳の少女が撲殺される事件が発生し、応援としてロス市警からドーマー刑事と相棒のハップ・エッカートが派遣される。

一方、ロサンゼルスでは、内務監察部による、過去のドーマーの捜査に対する調査が進んでいた。エッカートは、内務監査部から証言を求められていた。

手がかりを残さない犯人をおびき寄せるためドーマーは罠を仕掛け、犯人を山小屋におびき出すことに成功する。しかし、深い霧の中での追跡で、彼は犯人と誤ってハップを射殺してしまう。だが、警察での取調べで、ドーマーは、自分がハップを撃ったとは言わず、撃たれたハップを発見したと証言した。このハップが死亡した事故については、地元の刑事エリ・バーが調査することになった。

自責感と日の沈まない白夜に悩まされ、不眠症に陥ったドーマーのもとに、犯人が電話をかけてきた。自分が犯した少女殺しと、ドーマーのハップ射殺について取引をしようというのだ。ドーマーはやむなく犯人と直接対決するために、犯人が会合場所として指定したフェリーへ向かうのだった。

フェリーのなかで、犯人とドーマーは、今後について話あうのだが、犯人は、殺された少女のボーイフレンドのランディ・ステッツを犯人にしたてあげよう、と提案する。ドーマーは、それには反対するが、フェリーのなかでの会話を、犯人が隠しもったマイクロテープレコーダーに録音されてしまう。

via Wikipedia

キャスト

役名 俳優
ウィル・ドーマー アル・パチーノ
エリー・バー ヒラリー・スワンク
ウォルター・フィンチ ロビン・ウィリアムズ
ハップ・エッカート マーティン・ドノヴァン
レイチェル・クレメント モーラ・ティアニー
ランディ・ステッツ ジョナサン・ジャクソン
タニヤ・フランケ キャサリン・イザベル
チャーリー・ニューバック ポール・ドゥーリー
フレッド・ダガー ニッキー・カット
検死官 ポーラ・ショウ
ファーレル ラリー・ホールデン
フランシス ジェイ・ブラゾー
リッチ ローン・カーディナル
コンネル夫人 ターシャ・スミス
弔辞を読む学生 エミリー・パーキンス

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。