『最強のふたり』 – 体が不自由な大富豪とひょんなことから介護人となった黒人青年の友情をコミカルに描いたハートフルな映画

『最強のふたり』 – 体が不自由な大富豪とひょんなことから介護人となった黒人青年の友情をコミカルに描いたハートフルな映画

評価・レビュー

たしかに最強です。障がいとか貧富の差とか関係ない、そこには真の友情がありました。

実話を基にした映画ということで結構シリアスなものを想像していましたが、コミカルに描かれていてかなり笑えます。ドリスは少年がそのまま大人になったようなキャラクターで、フィリップもドリスと二人でゲラゲラ笑っていてほんと楽しそうなんです。

それでいて、押えるところはしっかり押さえていて、ジーンとくる場面もあります。友情って素晴らしいなぁと素直に思える作品でした。

そういえば、何ていう番組だったか忘れちゃいましたが、映画のモデルとなったフィリップ・ポゾ・ディ・ボルゴさんとアブデル・ヤスミン・セローさんがテレビに出演されているのを見たことがあります。映画でもラストにご本人たちの写真が出てきますよ。

 

あらすじ

パリに住む富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、頸髄損傷で首から下の感覚が無く、体を動かすこともできない。フィリップと秘書のマガリー(オドレイ・フルーロ)は、住み込みの新しい介護人を雇うため、候補者の面接をパリの邸宅でおこなっていた。

ドリス(オマール・シー)は、職探しの面接を紹介され、フィリップの邸宅へやって来る。ドリスは職に就く気はなく、給付期間が終了間際となった失業保険を引き続き貰えるようにするため、紹介された面接を受け、不合格になったことを証明する書類にサインが欲しいだけだった。

気難しいところのあるフィリップは、他の候補者を気に入らず、介護や看護の資格も経験もないドリスを、周囲の反対を押し切って雇うことにする。フィリップは、自分のことを病人としてではなく、一人の人間として扱ってくれるドリスと次第に親しくなっていく。

via Wikipedia

最強のふたり 予告編

 

キャスト

役名 俳優
フィリップ フランソワ・クリュゼ
ドリス オマール・シー
イヴォンヌ アンヌ・ル・ニ
マガリー オドレイ・フルーロ
マルセル クロティルド・モレ
エリザ アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ
バスティアン トマ・ソリヴェレ
アダマ シリル・マンディ
エレノア ドロテ・ブリエール・メリット

 


| 監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。