『スティーブ・ジョブズ』 – 若き天才がいかにしてAppleを創り上げてきたかを描いた伝記映画

『スティーブ・ジョブズ』 – 若き天才がいかにしてAppleを創り上げてきたかを描いた伝記映画

評価・レビュー

スティーブ・ジョブズは、Appleの共同設立者であるスティーブ・ジョブズが、いかにしてAppleを創り上げてきたかを描いた伝記映画です。

Apple設立から、ジョブズが会社を追い出されて、復帰するまでが描かれています。冒頭でiPodの完成披露がありますが、iPod開発の裏側などは全然描かれておらず、それよりも以前の話がメインです。

一つ言えるのは、キャストがご本人にクリソツということ。よくこんなに似せたなーと思います。エンディングで本人とキャストの写真が映し出されますが、ほんとソックリです。ジョブズって若い時は、キリっとしたイケメンだったんですよね。

偉大な人物だとは思いますが、変わり者であることには違いないので、やはり周囲との衝突や疎外感など、色々と苦悩していたことがわかります。天才は理解されるまでに時間がかかります。まぁ実際人としてはどうなの?と思える行動も多かったみたいですね。

それでもAppleには必要不可欠な人物で、今のMacやiPhoneなどは彼がいなければ非常に使いにくい代物になっていたかもしれません。間違いなくAppleの今のような発展はなかったでしょうね。これは映画では出てきませんが、ジョブズがAppleに戻ってきた時、会社は倒産寸前の状態だったらしいです。

ジョブズのすごさが十分に伝わってくるのはいいのですが、映画としては退屈極まりない仕上がりになっています。伝記だから驚きとかはないですし、やはり難しいんですかね。

ちなみに、この映画を観て一番ビックリしたのは、ブロックくずしゲームの開発にジョブズが関わっていたということです。

 

あらすじ

誰からも天才と認められるも、周囲との衝突が絶えないスティーブ・ジョブズ(アシュトン・カッチャー)。既存の組織に所属するのに向いていないと悟った彼は、自分のような友人らと自宅ガレージをオフィスにしてアップルコンピュータ社を設立する。革新的な商品を次々と放ってはヒットさせ、たった4年で株式の上場に成功、IT界の寵児(ちょうじ)となるジョブズ。しかし、意見の相違がある社員は問答無用で解雇、創立時メンバーを冷遇するなど、独善的な言動を繰り返すように。その果てに、彼は自身の会社から追放されてしまう。

via シネマトゥデイ

スティーブ・ジョブズ 予告編

 

キャスト

役名 俳優
スティーブ・ジョブズ アシュトン・カッチャー
スティーブ・ウォズニアック ジョシュ・ギャッド
ジュリー アマンダ・クルー
マイク・マークラ ダーモット・マローニー
ジョン・スカリー マシュー・モディーン
アーサー・ロック J・K・シモンズ
ダニエル・コッケ ルーカス・ハース
ビル・フェルナンデス ヴィクター・ラサック
クリス・エスピノサ エディ・ハッセル
ロッド・ホルト ロン・エルダード
ジョナサン・アイブ ジャイルズ・マッシー
ポール・テレル ブラッド・ウィリアム・ヘンケ
ジャック・ダッドマン ジェームズ・ウッズ
アル・アルコーン デヴィッド・デンマン
クリス=アン・ブレナン アーナ・オライリー

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。