『ノウイング』 – 数字のみが書かれた予言の手紙に導かれて地球滅亡に迫るSF映画

『ノウイング』 – 数字のみが書かれた予言の手紙に導かれて地球滅亡に迫るSF映画

評価・レビュー

実は今回で観たのは2回目なんですが、1回目に観た時ほどガッカリ感はありませんでした。オチを知っていて期待していなかったからだと思いますが、こういう終わり方も意外とアリかなーと思えました。まぁちょっと宗教的な色合いが濃いですね。

タイムカプセルから数字の手紙が出てきて、重要な事件と日付、事件が起こる場所の座標を示していることに気付く、という始まりなんですが序盤から惹きつけられます。途中で地球滅亡を予言していることに気付くのですが、その辺の説明がさっぱりし過ぎているんですよね。深く考えると納得できない部分も出てくるので、気楽に観た方が楽しめると思います。逆にいうと、気楽に観ないと残念に感じてしまうかも・・・

色んな謎が出てきて最後の方まではかなりおもしろいと思いますが、途中までおもしろい分オチも期待してしまうので初めて観る方はガッカリ感があると思います。

 

あらすじ

ジョン・ケストラー(ニコラス・ケイジ)はMITの宇宙物理学者。あるとき、息子のケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)が通う学校で、タイムカプセルを掘り出す記念行事が行われる。カプセルの中には、50年前の生徒たちが作った未来想像図が収められていた。生徒一人一人にその中身が配られるが、ケイレブが手にしたのは一見不規則に数字が羅列された一枚の紙だった。子どもが書いたとは思えないその内容に興味を持ったジョンは、数列には意味があるではないかと、検証を行う。

そして、彼が目に止めたのは”299691101”という数字。それは、米国に同時多発テロが起きた日付、そして2996人という犠牲者の数と一致していた。慌てて他の数列も確認すると、過去に起きたあらゆる大惨事の日付、犠牲者数と一致していることが判明。その中には、ジョンが妻を亡くした2年前のホテル火災も含まれていた。愕然とするジョンだったが、そこには過去だけでなく、未来の大惨事も予告されていた。

それらを未然に防げないかと、81人が死亡すると予告されている場所へ向かう。そこでは、既に自動車による玉突き事故が発生していたが、死者はゼロ。自分の思い過ごしかと安心したその瞬間。頭上を通過した旅客機がすぐそばに墜落する……。仮説が確信へと変わり、ジョンは数列の解読を進めていく。だがその結果、彼が導き出した答えは“地球消滅”。未来のために、息子のために彼はどう行動するのか?そして、避けることのできない“地球消滅”のXデーに向けて、人類は一体何を残せるのだろうか……?

via Movie Walker

キャスト

役名 俳優
ジョン・ケストラー ニコラス・ケイジ
ケイレブ・ケストラー チャンドラー・カンタベリー
ダイアナ・ウェイランド ローズ・バーン
ルシンダ・エンブリー/アビー・ウェイランド ララ・ロビンソン
フィル・ベックマン ベン・メンデルソーン
グレース・ケストラー ナディア・タウンゼンド
謎の男 D・G・マロニー
ケストラー牧師 アラン・ホップグッド

 


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。