『オーシャンズ13』 – 今度は13倍返しだ!豪華キャストで贈るオーシャンズシリーズ第三弾

『オーシャンズ13』 – 今度は13倍返しだ!豪華キャストで贈るオーシャンズシリーズ第三弾

評価・レビュー

オーシャンズ13は、オーシャンズ11オーシャンズ12に続く豪華キャストで贈る犯罪アクション映画の第三弾です。

今回のオーシャンズのターゲットは、悪名高いホテル王のウィリー・バンクという男です。オーシャンズのメンバーであるルーベンが、ウィリー・バンクに騙されて倒れてしまったので、その仇を打つためにオーシャンズが集結する、というストーリーです。

前作に比べると遊び要素は減っています。さらに、ジュリア・ロバーツやキャサリン・ゼタ=ジョーンズも出てきません。一人がやられたら仲間全員でリベンジするという男のアツい友情がテーマになっているからでしょうか。

各登場人物に活躍どころがあったのは良かったんですが、遊びが少なくなってしまったことによって、オーシャンズシリーズの見どころがなくなってます。全体的な展開も退屈でした。

前作のようにもっと遊んでほしかったなー、ということで評価は低めです。

 

あらすじ

ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)率いるプロフェッショナルな犯罪チーム“オーシャンズ”のメンバーの一人、ルーベン(エリオット・グールド)は、今まさに生死の境を彷徨っていた。世界を股にかけるホテル王、ウィリー・バンク(アル・パチーノ)と組み、ラスベガスに新たな巨大ホテルを立ち上げようとしていた矢先、バンクの裏切りによってホテルを乗っ取られ、失意のあまり心筋梗塞で倒れてしまったのだ。

ルーベン危篤の報せに、盗み出す寸前だった大金さえも放り出し、ラスベガスへ駆けつけたラスティー(ブラッド・ピット)。やがて病床に集まったライナス(マット・デイモン)たち“オーシャンズ”のメンバーは、バンクへの復讐を誓う。まもなくダニーは、バンクへの最後の警告として、ホテルの権利を返した方が身のためだと伝えるが、バンクは平然とこれを拒否。所有するすべてのホテルで最高の格付けを得てきたバンクには、“オーシャンズ”など所詮敵ではないと思えたのだ。

一方、“オーシャンズ”の狙いは、バンクがルーベンから奪い取った、まもなくグランド・オープンを迎える超高級ホテル“バンク”。カジノを併設するそのホテルは、世界最新にして最高の人工知能セキュリティ“グレコ”に守られていた。だが、“オーシャンズ”は仲間の借りを返すため、金品のみならずバンクのすべてを奪い取るつもりだ。そして“オーシャンズ”にとって因縁の宿敵であり、バンクのライバルであるベネディクト(アンディ・ガルシア)、またバンクの右腕である女性アビゲイル(エレン・バーキン)らも巻き込んで、壮大なリベンジ計画が繰り広げられるのだった。

via Movie Walker

オーシャンズ13 予告編

 

キャスト

役名 俳優
ダニエル・オーシャン ジョージ・クルーニー
ラスティ・ライアン ブラッド・ピット
ライナス・コールドウェル マット・デイモン
フランク・キャットン バーニー・マック
バシャー・ター ドン・チードル
バージル・モロイ ケイシー・アフレック
ターク・モロイ スコット・カーン
イエン シャオボー・チン
リヴィングストン・デル エディ・ジェイミソン
ルーベン・ティシュコフ エリオット・グールド
ソール・ブルーム カール・ライナー
ウィリー・バンク アル・パチーノ
アビゲイル・スポンダー エレン・バーキン
グレコ・モントゴメリー ジュリアン・サンズ
テリー・ベネディクト アンディ・ガルシア
フランソワ・トゥルアー ヴァンサン・カッセル
ボビー・コールドウェル ボブ・アインシュタイン
ローマン・ネーゲル エディー・イザード
ギャスパー・ルマーク アルバート・フィニー
デビー オルガ・ソスノフスカ
5ダイヤモンドの極秘審査員 デヴィッド・ペイマー
オプラ・ウィンフリー オプラ・ウィンフリー
デニー・シールズ ジェリー・ウェイントラーブ
ブルーザー スコット・L・シュワルツ

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。