『アウトレイジ ビヨンド』 – 観客側もアウトレイジなヤクザ映画

『アウトレイジ ビヨンド』 – 観客側もアウトレイジなヤクザ映画

評価・レビュー

アウトレイジを観たことなかったのですが、いきなりビヨンドから観てしまいました。実はこれ映画館でも観たのですが、客席側もガラ悪かったしマナーも悪かったです・・・

話の内容は前作を観ていなくてもなんとなくわかったので、ビヨンドから観ても問題ないです。というか、ヤクザな方々がワーワー言って、ドンパチやるところを楽しむ映画だと思うので、極端な話、内容は理解できなくてもいいんじゃないでしょうか。

かなりバイオレンスな内容なので、暴力的なシーンとかが嫌いな人はやめておいた方がいいです。洋画ほどのグロさはありませんが。

私はこういうヤクザものには興味がないので、全く期待していなかったのですが、意外におもしろかったです。内容は理解できなくてもいい、なんて書いちゃいましたが、裏で色んな人たちが駆け引きをしてストーリーが展開していくところは見応えがありました。

ちなみに、花菱会中田役の塩見三省はモノホンですよね?ドス効き過ぎでしょw

あと、なんか劇中に出てくるしゃべり方を真似したくなりますねw 観てからしばらくは、語尾に「コノヤロー」とか「バカヤロー」を付けていました。そういう意味ではエンターテインメント性に優れた作品なのかもしれません。さすがビートたけし。

 

あらすじ

関東最大の暴力団・山王会は5年前の内部抗争を経て二代目会長の座に着いた加藤の掲げる新方針の下、政界にまで影響を及ぼすほどの規模に拡大しつつあった。

元は潰された山王会大友組の金庫番でしかなかった石原は、二代目会長に経済ヤクザとして重用され、若頭の地位にまで昇りつめる。当然、現代的な金儲けに不得手な古参の幹部組長たちは冷遇され、現体制に不満を抱く。

そんな中、現役大臣の愛人と、潜入捜査をしていた組織犯罪対策課の刑事が一緒に殺害される事件が発生。現内閣の行く末までも左右しかねない山王会の過剰な影響力に、業を煮やした警察上部組織はついに動き始める。組織犯罪対策課の刑事・片岡は、山王会に恨みを持つ人物として、自身の流した嘘の噂により死亡したことになっていた元大友組組長・大友を仮釈放させる。

出所後、一時は韓国マフィアの大物フィクサー張のもとに身を寄せ、ヤクザの世界から距離を置いた大友であったが、もちまえのヤクザとしての任侠・武闘派魂が捨てきれない大友は、結局のところ片岡の策略である、山王会撲滅を図るための関西最大の暴力団・花菱会とのヤクザ同士の”仁義なき戦い”の渦中に、否応なしに巻き込まれてゆく。

via Wikipedia

アウトレイジ ビヨンド 予告編

 

キャスト

役名 俳優
大友 ビートたけし
西野 西田敏行
片岡 小日向文世
石原 加瀬亮
桐谷健太
小野 新井浩文
繁田 松重豊
中田 塩見三省
木村 中野英雄
白山 名高達男
五味 光石研
舟木 田中哲司
高橋克典
金田時男
韓国組織幹部 白竜
花菱会組員 國本鍾建
花菱会組員 井坂俊哉
山王会組員 四方堂亘
国土交通省役人 西沢仁太
山王会組員 山中アラタ

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。