『パラノーマル・アクティビティ』 – 部屋に何かがいる!?ホームビデオが恐怖を映し出すホラー映画

『パラノーマル・アクティビティ』 – 部屋に何かがいる!?ホームビデオが恐怖を映し出すホラー映画

評価・レビュー

パラノーマル・アクティビティは、全くの無名な制作者陣によって制作されたホラー映画で、口コミなどによってどんどん人気が拡大していきました。製作費がわずか1万5千ドルと低予算。映画全編が監督の自宅で撮影されて、なんと7日間で撮影完了したということです。

鑑賞したDVDでは、別バージョンのエンディングも入っていて、別バージョンの方が好きでした。

観た感想は、評判ほど怖くなかったなーと。なかなか怖いシーンがなくて、ずーっとダラダラした展開が続くんで、途中で飽きちゃうんですよね。あと、どうもホームビデオで撮影した感じの映画って目が疲れるんですよね^^;

霊的なお話なので、日本人にも向いていると思いましたが、もうちょっと見どころが欲しかったです。

ただ、ほとんど登場人物がいなくても成立してるのはすごいなーと感心しました。もうちょっと減らすこともできたと思います。役名がほとんど実名ってw

 

パラノーマル・アクティビティ あらすじ

同棲中のカップル、ミカとケイティーは夜な夜な怪奇音に悩まされていた。その正体を暴くべくミカは高性能ハンディーカメラを購入、昼間の生活風景や夜の寝室を撮影することにした。そこに記録されていたものとは…。

via Wikipedia

キャスト

役名 俳優
ケイティ ケイティー・フェザーストン
ミカ ミカ・スロート
フレドリックス教授 マーク・フレドリックス
アンバー アンバー・アームストロング
ダイアン(インターネットの女) アシュリー・パーマー

 


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。