『プラチナデータ』 – 全国民のDNAを管理する社会で連続殺人の容疑者となってしまった天才科学者の物語

『プラチナデータ』 – 全国民のDNAを管理する社会で連続殺人の容疑者となってしまった天才科学者の物語

評価・レビュー

プラチナデータは、東野圭吾の小説を原作とした2013年公開の映画です。

迫力のないグダグダの逃走シーンがやたらと長いし、真相が明らかになった時の驚きもないしで、ただただ退屈な映画でした。

国民のDNAを管理して犯罪者を確実に特定するという壮大な話なのに、妙にスケールが小さい仕上がりになっているんですよね。

原作は読んでいないのですが、観終わった後で調べてみたら、原作とかなりかけ離れているみたいですね。解説を読んでみると、さすが東野圭吾という感じで、原作はおもしろそうでしたよ。

しかし、映画はつまらなすぎです・・・結局何が言いたいのか全然わからないし、色々問題提起できそうな話なのにもったいないです。

 

あらすじ

政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪(えんざい)は皆無となった近未来の日本。警察庁の科学捜査機関に所属する科学者の神楽龍平(二宮和也)は、DNA捜査システム関係者の連続殺人事件を担当することに。しかし、同システムは神楽自身を容疑者として示し、思考を繰り広げた結果彼は逃亡するが……。

via Yahoo!映画

キャスト

役名 俳優
神楽龍平 二宮和也
浅間玲司 豊川悦司
水上江利子 鈴木保奈美
志賀孝志 生瀬勝久
白鳥里沙
蓼科早樹 水原希子

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。