『デンジャラス・ラン』 – 世界中から狙われる指名手配犯の男と新米CIAエージェントの危険過ぎる逃走劇を描いたアクション映画

『デンジャラス・ラン』 – 世界中から狙われる指名手配犯の男と新米CIAエージェントの危険過ぎる逃走劇を描いたアクション映画

評価・レビュー

デンジャラス・ランは、機密情報を漏えいさせた疑いで指名手配されていた元CIAのトビン・フロストとCIAの隠れ家であるセーフハウスを管理している新米CIAのマットとの危険な逃走劇を描いたアクション映画です。

主人公である新米エージェントのマットは、ただセーフハウスで電話を待つだけの仕事に嫌気が差していました。しかし、ある日突然マットが管理するセーフハウスに、指名手配犯のトビンが連れてこられて拷問が始まります。

するとテロリストと見られる集団が、場所を特定できるはずのないセーフハウスに襲撃してきます。マット以外のCIAエージェントは全員やられてしまい、選択を迫られたマットはトビンを連れて抜け道から逃げ出します。

マットは本部に連絡を取るのですが、そのまま戻ると騒ぎになってしまう可能性があるため、まずは追っ手を撒くように命じられます。そこからトビンとマットの逃走劇が始まるのですが、トビンは「セーフハウスが襲われたということはCIA内に内通者がいる」とマットの気持ちを揺さぶります。

果たして、マットはとった行動をとは!?無事にテロリストから逃げ切ることができるのか!?

こんな感じのストーリーで、予告もかなりおもしろそうな感じだったんですが、観てみると結構普通なアクション映画に仕上がっていました。おもしろくないというわけではないんですが、割と展開が読めるというか、ストレートな作品だと思います。

原題は「Safe House」となっていて、セーフハウスに焦点を当てた映画ってめずらしいと思うのですが、ストーリーや展開に物珍しさはありませんでした。

何はともあれ、デンゼル・ワシントンがとにかく渋い!!これだけでも2時間飽きずに観れちゃうのはたしかです。

 

あらすじ

南アフリカの米国領事館に、一人の男が出頭した。彼はかつてCIAの中でも屈指の腕を持つ伝説のエージェントでありながら敵国に機密情報を流したとされる、36ヶ国で指名手配を受けた世界的犯罪者トビン・フロスト(デンゼル・ワシントン)。

CIAの隠れ家に連行された途端、鉄壁のはずの隠れ家が何者かにより襲撃される。壊滅状態にまで追い込まれる中、隠れ家を管理している新米CIAのマットは、フロストから選択を迫られ、やむなく隠れ家から脱出。敵の正体も目的もわからないまま、マットは危険すぎる男フロストの身柄を守るために彼とともに逃走を繰り広げる……。

via Movie Walker

デンジャラス・ラン 予告編

 

キャスト

役名 俳優
トビン・フロスト デンゼル・ワシントン
マット・ウェストン ライアン・レイノルズ
キャサリン・リンクレイター ヴェラ・ファーミガ
デヴィッド・バーロー ブレンダン・グリーソン
ハーラン・ホイットフォード サム・シェパード
カルロス・ビラル ルーベン・ブラデス
アナ・モロー ノラ・アルネゼデール
ダニエル・キーファー ロバート・パトリック
アレック・ウェイド リアム・カニンガム
ケラー ヨエル・キナマン
ヴァルガス ファーレス・ファーレス
ミラー ジェイク・マクローリン
モーガン ロバート・ホッブス
ロバート・ハイスラー セバスチャン・ロシェ

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。