『007 スカイフォール』 – 記念すべき50周年!第23作目となる007シリーズ

『007 スカイフォール』 – 記念すべき50周年!第23作目となる007シリーズ

評価・レビュー

『007 スカイフォール』は、もはや誰もが知っているスパイアクション映画である”007シリーズ”の第23作目です。23作目ってすごいですね。ショーン・コネリーが初代ジェームズ・ボンド役を演じてから、50周年になるそうです。

ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドは、『007 カジノ・ロワイヤル』『007 慰めの報酬』に続き、これで3度目になります。ダニエル・クレイグは渋いし、ボンド役はハマっていると思います。

内容は、程よくアクションもあり、007好きに向けたファンサービス的なシーンもあり、見どころが随所に散りばめられています。

ただ、少し物足りない感はありますね。序盤で結構飛ばすので、後半ちょっとダレてくるんですよね。それでもそこそこ観れてしまうというのは、やっぱり007シリーズの魅力でしょうか。

相当続いている映画なので、観客の期待値も上がりきっていると思うんですよね。そんなプレッシャーの中で、期待を裏切らない作品を作り上げるというのは本当にすごいことだと思います。

少しネタバレしてしまいますが、昔のボンドカーらしき車が出てきて、Mが「これなら目立たないわね」というシーンがあったり、ユーモラスなシーンが多かったように思います。

あと、最後の方は「ホームアローンかよ!」と思わずツッコミたくなるような展開でしたw ホームアローンをスパイが本気でやると、たぶんこうなります。

 

あらすじ

愛した女性を死に追いやった組織を追い詰めるべく、ハイチやボリビアなど各地を舞台に壮絶な戦いを続けるジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)。ある日、直属の上司M(ジュディ・デンチ)が秘めていた過去の事件が浮かび上がってくる。その衝撃的な内容は、Mに対するボンドの信頼と忠誠心を試すかのようだった。

そんな中、彼らの所属するイギリス情報局秘密情報部“MI6”が何者かの標的に。ボンドの任務は、その相手を発見し、脅威を取り除くこと。たとえ、その代償がいかに個人的なものだったとしても……。

via Movie Walker

007 スカイフォール 予告編

 

キャスト

役名 俳優
ジェームズ・ボンド ダニエル・クレイグ
M ジュディ・デンチ
ラウル・シルヴァ ハビエル・バルデム
ギャレス・マロリー レイフ・ファインズ
イヴ ナオミ・ハリス
セヴリン ベレニス・マーロウ
キンケイド アルバート・フィニー
Q ベン・ウィショー
ビル・タナー ロリー・キニア
パトリス オーラ・ラパス
クレア・ダワー ヘレン・マックロリー

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。