『ゲットバック』 – 盗られたものは奪い返す!元強盗仲間に娘を誘拐され、救出するためにある決断をするアクション映画

『ゲットバック』 – 盗られたものは奪い返す!元強盗仲間に娘を誘拐され、救出するためにある決断をするアクション映画

評価・レビュー

ゲットバックは、元強盗仲間に娘を誘拐され、要求されたお金を用意するために再び銀行強盗を計画する、というアクション映画です。

冒頭から、警察が張り込んでいる場所で銀行強盗をするシーンがあり、なかなかハラハラさせてくれます。お金を持って逃げようとしている最中に、仲間の一人であるヴィンセントが路地裏にいたおじさんを銃で殺そうとします。理由は、顔を見られたから。

で、主人公ウィルは「殺しはしない」という信条で銀行強盗をしているため、ヴィンセントを必死に止めます。揉み合っているうちに、ヴィンセントの足を銃で撃ってしまうんですね。ヴィンセントは、その時のことをずっと恨み続けます。

とりあえずお金を置いて、ヴィンセントを先に車に乗り込ませます。ウィルは、置いてきたお金を取りに戻るんですが、追っ手がすぐ近くまで来ていたため、やむなく仲間はウィルを置いて逃げてしまいます。ウィルもなんとか逃げようとするのですが、結局捕まってしまいます。

8年後、刑期を終え出所したウィルは、ヴィンセントは死んだと知らされます。

出所後すぐに娘に会いに行くも、感動の再会というわけにはいきませんでした。娘は「カウンセリングを受けに行く日だから」と、タクシーで行ってしまいます。そのタクシー運転手が、死んだはずのヴィンセントだったんです。ヴィンセントは、ウィルが捕まった時に盗んだ1000万ドルをどこかに隠したと思っていて、その1000万ドルを渡さないと娘を殺すと脅します。

そこから、娘の救出劇が始まるというストーリーです。愛する娘のためなら何でもやるお父さんは、やっぱ最強ですね。

展開も早くて観やすい映画だと思います。ただ、ストーリーに捻りはありませんね。ものすごいストレートな作品です。いい意味で、何も考えずに楽しめるアクション映画かな、と。

あと余談ですが、2012年の映画だけどBGMになんとなく古さを感じましたw 古いスパイ映画で使われそうなBGMというか・・・これわかってくれる人いるかな^^;

 

あらすじ

銀行強盗の罪で刑務所にいたウィル(ニコラス・ケイジ)は、出所当日娘のアリソン(サミ・ゲイル)に会いにいくが、父親に対し怒りの感情が満ちあふれているアリソンは彼の前から立ち去ってしまう。その直後、娘を誘拐したという脅迫電話が入り、ウィルが8年前の犯行後に失った10億円を12時間以内に引き渡すよう要求してくる。ウィルは誘拐犯の行方を追いながら、身代金のため再び銀行強盗を計画するが……。

via シネマトゥデイ

ゲットバック 予告編

 

キャスト

役名 俳優
ウィル・モンゴメリー ニコラス・ケイジ
ヴィンセント ジョシュ・ルーカス
ライリー・ジェファーズ マリン・アッカーマン
アリソン・ローブ サミ・ゲイル
ティム・ハーランド ダニー・ヒューストン
ホイト M・C・ゲイニー
フレッチャー マーク・バレー

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。