『塔の上のラプンツェル』 – お尋ね者の泥棒と箱入り娘の大冒険を描くディズニー映画

『塔の上のラプンツェル』 – お尋ね者の泥棒と箱入り娘の大冒険を描くディズニー映画

評価・レビュー

塔の上のラプンツェルは、2010年に公開されたディズニーのアニメ映画です。原作はグリム童話の「ラプンツェル」です。

やっぱりディズニーとピクサーは外しませんね。安心して観ることができます。

おおよそ先が読めるベタベタな展開なわけですが、そこがいいですよね。ベタって最強だと思います。

また、ディズニーは歌が良くて、観てると癒されます。

たまにはこういう映画を観て癒されるのもいいですね。ディズニーらしい作品でした。

ちなみに、アナと雪の女王にも、少しだけラプンツェルが出演しているみたいです。そういうのを探すのも楽しいですね。

 

あらすじ

深い森に囲まれた高い塔の上に暮らすラプンツェルは、母親から「塔の外は“恐ろしい世界”だから決して出てはならない」と言われ続け、18年間一度も塔の外に出たことがなく、母親以外の人間にも会ったことがない。

しかし、好奇心旺盛なラプンツェルは、塔の外の世界を見たいといつも願っていた。黄金色に輝く驚くほど長い髪を持つ彼女は、その髪を自由自在に操り、ある時は高いものを取るロープ代わりに、またある時は母親が塔を上り下りするエレベーターとして使用していた。

そんな彼女の楽しみは、毎年自分の誕生日に遠くの空に浮かぶ神秘的な“灯り”を見ること。その不思議な光に魅了されたラプンツェルは、成長するにつれ、その正体を確かめたい気持ちが高まっていった。18歳になる誕生日の前日、ラプンツェルはその思いを母親に伝えるが、いままで以上に厳しく険しい口調で塔の外に出ることを禁じられる。

そんな時、お尋ね者の大泥棒フリンが追手を逃れて塔に侵入、ラプンツェルは彼を“魔法の髪”を狙う悪人だと考え、長い髪を巧みに使って捕らえてしまう。そしてフリンが盗んだ王冠を取り上げ、交換条件として“灯り”の場所まで案内させることに……。

初めて塔の外に出たラプンツェル。そこは、母が言うような恐ろしい世界ではなく、美しい自然にあふれ、街にはたくさんの人々が楽しそうに暮らしていた。フリンとふたりで旅を続け、いくつもの危機を乗り越えていくうちに、ラプンツェルの心に淡い恋が芽生えていく。だがその旅の先には、彼女自身の秘密を解き明かす、思いもよらぬ運命が待ち受けていた……。

via Movie Walker

塔の上のラプンツェル 予告編

 

キャスト

役名 声優
ラプンツェル マンディ・ムーア
フリン・ライダー ザッカリー・リーヴァイ
マザー・ゴーテル ドナ・マーフィ
フックハンド ブラッド・ギャレット
スタビントン兄弟 ロン・パールマン
警護隊長 M・C・ゲイニー
ビッグノーズ ジェフリー・タンバー
ショーティー ポール・F・トプキンス
ヴラッド リチャード・キール

 

DVD/Blu-ray


| 監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。