『運命のボタン』 – あなたならどうする?目の前のボタンを押すかどうかで色んな人の運命が決まる

『運命のボタン』 – あなたならどうする?目の前のボタンを押すかどうかで色んな人の運命が決まる

評価・レビュー

「押せば大金が手に入るけど、見知らぬ誰かが死ぬ」そんなボタンを手に入れた主人公の物語です。主演はキャメロン・ディアスですが、ラブコメではなくサスペンスです。キャメロン・ディアスとサスペンスってめずらしい組み合わせですよね。

予告編を観たら、たぶん観たくなるんじゃないでしょうか。「ボタンを押すかどうか」というシンプルさがそそられますし、何より結末がめちゃめちゃ気になります。

実際はどうかというと、まぁボタンを押さないと話が進まないので押しちゃうわけですが、そこから話が展開していって結構ドキドキできます。ラストは悪い意味で「そうきたかぁ~」という感じで、途中まではすごく楽しめたけど、オチはいまいちかなと思います。

もし、あなたのもとにボタンが送られてきたらどうしますか?押しますか、それとも押しませんか?

 

あらすじ

1976年12月16日、朝5時45分。ヴァージニア州郊外に暮らすルイス夫妻宅で玄関のベルが鳴る。妻のノーマ(キャメロン・ディアス)が出ていくと、そこに人の姿はなく、真四角な箱だけが置かれていた。ノーマが朝食の支度を整えていると、その横で夫のアーサー(ジェームズ・マースデン)が箱を開けてしまう。中に入っていたのは、赤いボタンの付いた奇妙な木製の装置だった。

午後5時。再びルイス家の玄関のベルが鳴る。ドアを開けると、そこに立っていたのは長身の男性。アーリントン・スチュワード(フランク・ランジェラ)と名乗るその男は、驚くべき提案を持ちかける。“ボタンを押せば2つのことが起きます。その1、どこかであなたの知らない誰かが死にます。その2、あなたは現金100万ドルを手にします。

しかし、それには条件が3つ。その1、私の雇い主のことについて一切情報を提供しない。その2、ご主人以外の誰にもこのことを話してはいけない。その3、期限は24時間。明日5時に再度伺い、ボタン装置を回収する。装置はリセットされ、このチャンスを別の人間に提供する。”…大金を手にするチャンスとはいえ、人の命を引き換えにしなければならない。2人は迷うが、生活が苦しいこともあり、目の前に100万ドルを見せられて、結局ボタンを押してしまう。だが、それは創造をはるかに超える事態の始まりに過ぎなかった。果たして、2人の運命は……?

via Movie Walker

運命のボタン予告編

 

キャスト

役名 俳優
ノーマ・ルイス キャメロン・ディアス
アーサー・ルイス ジェームズ・マースデン
アーリントン・スチュワード フランク・ランジェラ
ノーム・カーヒル ジェームズ・レブホーン
ディック・バーンズ ホームズ・オズボーン
ウォルター・ルイス サム・オズ・ストーン
ラナ・バーンズ セリア・ウェストン

 


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。