『縞模様のパジャマの少年』 – 人間の愚かさに警告しているかのような衝撃のラスト

『縞模様のパジャマの少年』 – 人間の愚かさに警告しているかのような衝撃のラスト

評価・レビュー

純真無垢な少年たちを通じて、人間の愚かさを警告しているかのような物語でした。時代背景はナチス時代なので、セントアンナの奇跡と同じくらいですね。縞模様のパジャマの少年というタイトルも半分皮肉みたいなものでしょうね。

無垢なブルーノとシュムエルの交流には心を洗われるような気分になりますが、途中から雲行きが怪しくなってきます。最終的には、愚かな大人たちのせいで取り返しのつかないことに・・・。こんなことが二度とあってはならない、と心に刻まれる衝撃のラストでした。

ブルーノとシュムエルがとても純粋で、最後の方まで割とほんわかとした雰囲気で話が進んでいったので、余計にラストの衝撃が大きかったです。終わってからしばらく放心状態になりました。

 

あらすじ

第二次大戦下のドイツ・ベルリン。8歳のブルーノ(エイサ・バターフィールド)は、ナチス将校である父親(デヴィッド・シューリス)の昇進により、住み慣れた我が家を離れ、殺風景な土地に越してくる。

遊び相手もなく退屈していたブルーノは、ある日、有刺鉄線のフェンスで囲まれた奇妙な“農場”を発見する。そのフェンスの向こう側には、ブルーノと同じ年のシュムエル(ジャック・スキャンロン)がいた。日中でもなぜか縞模様のパジャマを着て、いつも腹を空かせているシュムエルのために、ブルーノは母親(ヴェラ・ファーミガ)の目を盗んで食べ物を運び、フェンスを挟んで言葉を交わしながら、二人はささやかな友情を築いていった。

しかし、母親からはその“農場”に近づくことは禁じられており、シュムエルの存在は誰にも言えない秘密だった。そんなある日、シュムエルは自分がユダヤ人であるとブルーノに告げる。それが何を意味するのか、自分と何が違うのか疑問に思ったブルーノは、ユダヤ人について家庭教師に尋ねてみる。すると彼は「ユダヤ人は有害な存在」と諭し、ブルーノの姉は「彼らは敵」と断言するのだった。

それらの言葉が、大切なシュムエルとあまりにもかけ離れていることに戸惑いを隠せないブルーノ。だが、それ以上真実を追究するには彼は幼すぎ、もやもやした疑問を抱えたまま、ブルーノはシュムエルとの友情を深めていく。その友情がやがて自分の運命を大きく変えてしまうとは知らずに……。

via MovieWalker

縞模様のパジャマの少年 予告編

 

キャスト

役名 俳優
ブルーノ エイサ・バターフィールド
シュムエル ジャック・スキャンロン
グレーテル アンバー・ビーティー
ブルーノの父 デヴィッド・シューリス
ブルーノの母 ヴェラ・ファーミガ
ブルーノの祖父 リチャード・ジョンソン
ブルーノの祖母 シーラ・ハンコック
コトラー中尉 ルパート・フレンド
パヴェル デヴィッド・ヘイマン
マリア カーラ・ホーガン

 


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。