『キャビン』 – 先が読めない展開でセオリーが全く通用しないホラー映画

『キャビン』 – 先が読めない展開でセオリーが全く通用しないホラー映画

評価・レビュー

キャビンは、ドリュー・ゴダード監督・脚本の2012年公開のホラー映画です。ドリュー・ゴダード監督は、LOSTやクローバーフィールドの脚本も手掛けている方です。そんなわけで、ホラーでありながら、SF要素も強い作品となっております。

序盤から謎が多くて、謎が謎を呼んでいく展開はさすがドリュー・ゴダードといったところでしょうか。「あなたの想像力なんて、たかが知れている」というキャッチコピーの通り、ほんと先が全然読めないです。

ホラー映画には色々とセオリーがありますが、そのセオリーは全く通用せず、とことん斜め上な展開になっています。良い意味で期待を裏切ってくれます。

が、正直なところなんじゃそりゃっていう展開も結構ありました。謎が期待感を煽りますが、あまり期待し過ぎると肩透かしを食らいます。

この映画は、ストーリーそのものよりも、作りや設定を楽しむ映画だと思います。「この人たちは〇〇を意味しているよね」とか「ここはこういうメッセージがあるんじゃないのかな」とか考えながら観ると、非常に興味深い内容になっています。そういう意味では、通向きな映画ですね。

ちなみに、結構グロ描写が多いので、逆にホラー(特にスプラッター)映画をあまり観ない人にはオススメできません。

普通のホラー映画では満足できなくなってきたら観てほしい映画です。

 

あらすじ

夏休みに山へ探索に出かけた大学生5人組は、小屋の地下で謎の日記を手にする。そしてそのページをめくった途端、何者かが目覚め、大学生たちは次々と殺されていく。その裏では、ある組織が大学生たちがホラー映画などによくありそうな定番の死に方をするように仕向けていた。そこには、世界を揺るがすような秘密があった……。

via Movie Walker

キャビン 予告編

 

キャスト

役名 俳優
デイナ・ポーク クリステン・コノリー
カート・ヴォーン クリス・ヘムズワース
ジュールズ・ローデン アンナ・ハッチソン
マーティ・ミカルスキ フラン・クランツ
ホールデン・マクレア ジェシー・ウィリアムズ
ゲイリー・シッターソン リチャード・ジェンキンス
スティーヴ・ハドリー ブラッドリー・ウィットフォード
ダニエル・トルーマン ブライアン・ホワイト
ウェンディ・リン エイミー・アッカー
モーデカイ ティム・デザーン
ロナルド トム・レンク

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。