『ハート・ロッカー』 – イラクに派遣された爆弾処理班のリアルな心情を描いた戦争映画

『ハート・ロッカー』 – イラクに派遣された爆弾処理班のリアルな心情を描いた戦争映画

評価・レビュー

ハート・ロッカーは、イラクを舞台にアメリカ軍爆弾処理班のリアルな心情を描いた、2008年公開の映画です。アカデミー賞で作品賞や監督賞などを受賞しています。

監督賞を女性が受賞したのは、キャスリン・ビグロー監督が初だそうです。ちなみに、ゼロ・ダーク・サーティもキャスリン・ビグロー監督の作品です。イラク好きですねー^^

最初から最後まで緊張感が途切れることなく、観ている側をハラハラさせる演出は素晴らしかったです。少しでも間違えると死に直結するという、爆弾処理の緊張感が非常に伝わってきました。

ハート・ロッカーは、一言でいうと、戦争で心が壊れてしまった男の物語です。映画の冒頭でも「戦争での昂揚感はときに激しい中毒になる」「戦争は麻薬である」といった言葉が表示されます。

主人公は、完全に”イカれた男”なわけですが、途中からまともに思えてくるのが不思議でした。これも演出の巧さなんでしょうね。ラストで、彼が普通じゃなくなっていることを思い出させてくれるシーンがあり、そのシーンだけでも作り込まれた映画であることがわかります。

また、登場人物のキャラクターもしっかりしていて、感情移入しやすい構成になっていました。やっぱジェレミー・レナーはいい演技しますね。

反戦を訴えているというわけでもなく、変わったアプローチで戦争を表現した映画です。非常に深みのある作品なので、観ておいて損はないと思いますよ。

 

あらすじ

2004年夏、イラクのバグダッド郊外に駐留するアメリカ軍。そこに所属する爆発物処理班は、死と隣り合わせの前線の中でも、最も死を身近に感じながら爆弾処理を行うスペシャリストたちだった。

ある日も、ブラボー中隊はいつものように爆弾処理を行っていたが、退避しようとしたその瞬間に爆弾が爆発。1人が殉職してしまう。その後、新しく中隊のリーダーに就任したのはウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)。

だが彼は、基本的な安全対策も行わず、まるで死を恐れないかのように振る舞い、周囲を驚かせる。一瞬の判断ミスが死に直結する爆発物処理班の任務の中、補佐するJ・T・サンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)とオーウェン・エルドリッジ技術兵(ブライアン・ジェラディ)は、徐々にジェームズへの不安を募らせていく。

彼は、虚勢を張るただの命知らずなのか、それとも勇敢なプロフェッショナルなのか。そんな男たちの思いとは関係なく、激しい戦闘が繰り返される日常は続き、爆弾処理の日々が過ぎていく。ブラボー中隊の任務明けまで、あと38日……。

via Movie Walker

ハート・ロッカー 予告編

 

キャスト

役名 俳優
ウィリアム・ジェームズ一等軍曹 ジェレミー・レナー
J・T・サンボーン軍曹 アンソニー・マッキー
オーウェン・エルドリッジ技術兵 ブライアン・ジェラティ
マシュー・“マット”・トンプソン二等軍曹 ガイ・ピアース
ジョン・ケンブリッジ軍医中佐 クリスチャン・カマルゴ
PMC分隊長 レイフ・ファインズ
リード大佐 デヴィッド・モース
コニー・ジェームズ エヴァンジェリン・リリー

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。