『遊星からの物体X ファーストコンタクト』 – 閲覧注意!トラウマレベルの恐怖があなたを襲うSFホラー

『遊星からの物体X ファーストコンタクト』 – 閲覧注意!トラウマレベルの恐怖があなたを襲うSFホラー

評価・レビュー

『遊星からの物体X ファーストコンタクト』は、1982年に公開された『遊星からの物体X』の前日譚を描いた2011年公開のSFホラー映画です。

82年の『遊星からの物体X』は観たことありませんが、観てなくても大丈夫でした。ホラー好きはかなり楽しめると思いますよ。

めちゃめちゃ怖いし、相当気持ち悪いです。トラウマレベルのグロさなので、食事中に観るのはオススメしません。ちなみに私は食事をしながら観たのですが、途中から完全に食欲がなくなりました・・・82年の物体Xを知らなくて、事前情報もなしで観たので、こんなに気持ち悪いとは思っていなかったんです。

グロいだけじゃなく、「人間に成りすまして襲う機会を伺う」という設定もいいですね。誰が乗っ取られているのかわからないので、かなりドキドキできます。ただでさえ気持ち悪いのに、いつ襲われるかわからないドキドキがさらに恐怖心を煽ります。

ということで、ホラー好きの方は、観ておいて損はないと思いますよ。

82年の物体Xもかなりの名作という話なので、機会があったら観てみたいですが、もう二度と観たくない気もします(笑)

 

あらすじ

コロンビア大学の考古生物学者ケイト(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は、偶然氷の中で発見された太古の昔に死んだと思われる生命体の調査のため、世紀の大発見に沸き立つノルウェー観測隊の基地へと降り立つ。

そこには、化石が閉じ込められた何の変哲もない氷塊が置かれていた。ドリルで氷塊に穴を開けた途端、“それ”は解き放たれた。その物体は、狙いをつけた生物の体内に侵入、細胞を同化してその生物そのものになりすまし、自らの生存のため人間同士を争わせようとする宇宙からの生命体だったのだ。

しかもケイトの研究によると、“それ”はすさまじい勢いで増殖して、やがては地球上の生物全てを同化してしまうことが判明した。突如、ひび割れた隊員の顔面から無数の触手が伸び、気絶した隊員の腕が別の生物に変形する。

あり得ない光景にパニックに陥る生き残ったメンバーたち。ケイトと隊員たちは、氷に閉じ込められた南極基地の中で、親しかったはずの仲間が変形して襲いかかる“それ”の恐怖と、誰が“それ”に乗っ取られているのかすら分からない疑心暗鬼に巻き込まれていくのだった……。

via Movie Walker

遊星からの物体X ファーストコンタクト 予告編

 

キャスト

役名 俳優
ケイト・ロイド メアリー・エリザベス・ウィンステッド
サム・カーター ジョエル・エドガートン
サンダー・ハルヴァーソン博士 ウルリク・トムセン
デレク・ジェイムソン アドウェール・アキノエ=アグバエ
アダム・フィンチ エリック・クリスチャン・オルセン
エドヴァード・ウォルナー トロンド・エスペン・サイム
ジョナス クリストファー・ヒブュ
ペーダー スティグ・ヘンリック・ホフ
ラース ヨルゲン・ラングヘラ
グリッグス ポール・ブローンスタイン
ジュリエット キム・バッブス
コリン ジョナサン・ロイド・ウォーカー
ヘンリック ヨー・エイドリアン・ハーヴィン
オラフ ヤン・ガンナー・ロイズ
カール カーステン・ビョーンルンド
マティアス オーレ・マーティン・オーネ・ニルセン

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。