『テルマエ・ロマエII』 – 前作に引き続き笑えて、日本の良さに気付かされるコメディ映画

『テルマエ・ロマエII』 – 前作に引き続き笑えて、日本の良さに気付かされるコメディ映画

評価・レビュー

テルマエ・ロマエIIは、大ヒットを記録したコメディ映画『テルマエ・ロマエ』の続編です。

前作に引き続き、相変わらずローマ人よりもローマ人らしい阿部寛に笑わせてもらいました。本人は至って真面目なのが、余計に笑いを誘います。

キャラとしては、トリックの時の上田次郎に通ずるものがあるんですよね。トリック好きとしては、たまらないキャラクターです。

また、今回は日本のグラディエーターとして、お相撲さんがたくさん出てきます。曙や琴欧州、豪風、さらには玉ノ井親方まで出演しています。大相撲ファンは必見ですよ!

私も相撲は大好きで、特に豪風は好きな力士の一人なので、なんかうれしくなっちゃいました。出演しているお相撲さんについては、こちらでまとめられています。それにしてもアケボニウスって(笑)

ただ、前作もそうだったんですが、前半は笑い要素が多くてテンポよく進んでいくけど、後半はちょっとダレてくるんですよね。どうしても後半のシリアスな展開になるにつれて、飽きてきちゃいます。

まぁそれを差し引いても一見の価値ありな映画です。タイムスリップしてきたルシウス(阿部寛)が、色んな日本の文化や技術力に感銘を受けるわけですが、その度に我々日本人も日本の文化・技術の素晴らしさに改めて気付かされます。

それだけでなく、今作は”平和”が主題になっていて、コミカルな映画でありつつ意外とメッセージ性が強かったりしますね。もちろん、シンプルに娯楽映画としても楽しめます。

 

あらすじ

ユニークな浴場を作り上げ、一気に名声を得た古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、剣闘士の傷を癒やすための浴場建設の命を受け頭を悩ませていたところ、またもや現代の日本へタイムスリップ。そこで風呂雑誌の記者になっていた真実(上戸彩)と再会を果たすも、やがてローマ帝国を二分する争いに翻弄(ほんろう)されることになり……。

via シネマトゥデイ

テルマエ・ロマエII 予告編

 

キャスト

役名 俳優
ルシウス 阿部寛
山越真実 上戸彩
ハドリアヌス 市村正親
ケイオニウス 北村一輝
アントニヌス 宍戸開
マルクス 勝矢
館野 竹内力
山越修造 笹野高史
山越由美 キムラ緑子
岸本 外波山文明
アケボニウス 曙太郎
コトオウシュヌス 琴欧洲勝紀
玉ノ井太祐 玉ノ井太祐
豪風旭 豪風旭
舛ノ山大晴 舛ノ山大晴

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。