『トランセンデンス』 – 人工知能に人間の脳をインストールするSF映画

『トランセンデンス』 – 人工知能に人間の脳をインストールするSF映画

評価・レビュー

トランセンデンスは、2014年公開のSF映画です。制作総指揮にクリストファー・ノーランが参加しています。

ざっくり言うと、人工知能を研究する研究者ウィルの脳を、死ぬ間際にコンピュータにインストールし、その人工知能が暴走し始めるという話です。

クリストファー・ノーランが総指揮ということで、結構期待していたのですが正直期待外れでした。おそらくインターステラーと製作時期がもろに被っているので、ノーランはあまり注力できなかったのでしょうか。

発展しすぎたテクノロジーの危険性を訴えているのだと思いますが、さすがに「人工知能でそれは無理でしょ」という箇所がたくさんありましたね。ちゃんと説明があればいいのですが、特に説明もなく人工知能が全能の神みたいな存在になっているのが解せなかったです。

コンセプトもどこか見たことある感じで、流れも単調です。そんなわけで、あまりおすすめはできない映画でした。

それにしても、ジョシュ・スチュワートってチョイ役で色んな映画やドラマに出まくっていますね。主演で変にイメージが定着してしまうよりも、こういう売れ方の方がいいかもしれませんね。

 

あらすじ

人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃されて命を落としてしまった科学者ウィル(ジョニー・デップ)。だが、妻エヴリン(レベッカ・ホール)の手によって彼の頭脳と意識は、死の間際にPINNへとアップロードされていた。ウィルと融合したPINNは超高速の処理能力を見せ始め、軍事機密、金融、政治、個人情報など、ありとあらゆるデータを手に入れていくようになる。やがて、その進化は人類の想像を超えるレベルにまで達してしまう。

via シネマトゥデイ

トランセンデンス 予告編

 

キャスト

役名 俳優
ウィル・キャスター ジョニー・デップ
エヴリン・キャスター レベッカ・ホール
マックス・ウォーターズ ポール・ベタニー
ブリー ケイト・マーラ
ドナルド・ブキャナン キリアン・マーフィー
スティーヴンス大佐 コール・ハウザー
ジョセフ・タガー モーガン・フリーマン
マーティン クリフトン・コリンズ・Jr
ジョエル・エドモンド コリー・ハードリクト
ポール ジョシュ・スチュワート
ボブ ファルク・ハンチェル

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。