『ケープタウン』 – アパルトヘイトと南アフリカの治安の悪さをテーマにしたサスペンス映画

『ケープタウン』 – アパルトヘイトと南アフリカの治安の悪さをテーマにしたサスペンス映画

評価・レビュー

ケープタウンは、2013年公開のサスペンス映画です。原題は「Zulu」で、アフリカの民族ズールー人を示しています。

終始いやぁ~な雰囲気が漂う映画でした。サスペンスではありますが、サスペンス要素は前半のみです。後半は、ウィテカー演じるアリが、過去に受けたアパルトヘイトの経験と葛藤する物語になっています。そうなんです。テーマも重いんです。

それでいて、容赦なく残酷描写も盛り込んできているので、かなり重苦しく暗い映画になっているわけですね。ほんとギャングたち容赦なさすぎ・・・これが現実なのでしょうね。その分、見応えはありました。

キャストもいいですね。フォレスト・ウィテカーは相変わらずだし、オーランド・ブルームもいつもと違った渋さが出ていて良かったです。

ただ、全体的にすごく良かったかと言われれば「う~ん・・・」という感じだし、面白くないわけじゃないんだけど、観終わってみてどこか物足りない感じはありました。もうちょっとアリの過去と絡めたシーンがあるとよかったかも。ちょこちょこ雑なところも目立ちましたしね。

めちゃめちゃオススメというわけではありませんが、ちょっと落ち込みたい気分の時は、観てみるといいかもしれません。

 

あらすじ

南アフリカの都市ケープタウン。そこである日、元人気ラグビー選手の娘が惨殺死体で発見される。事件の捜査に当たるのはズールー人の警部アリ・ソケーラ。彼が率いるチームには酒と女に溺れる問題児ブライアン・エプキン刑事も所属していた。ブライアンとアリは、捜査を進めていくうちに、被害者が殺害前にとある薬物の売人と接触していたことを突き止める。その薬物は最近多発している児童失踪事件の現場にも遺されていたものだった。その薬物の恐ろしい成分を知った刑事二人は、事件の裏にはこの街に潜む恐ろしい犯罪組織が関わっていることを知る。

via Wikipedia

ケープタウン 予告編

 

キャスト

役名 俳優
ブライアン・エプキン オーランド・ブルーム
アリ・ソケーラ フォレスト・ウィテカー
ダン・フレッチャー コンラッド・ケンプ
ジーナ ジョエル・カイエンベ
ルビー インゲ・ベックマン
クレール・フレッチャー ティナリー・ヴァン・ウィック・ルーツ
デビーア レガルト・ファンデン・ベルフ
ジュースト・オッパーマン医師 パトリック・リスター
タラ タニア・ヴァン・グラーン

 

DVD/Blu-ray


監督の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。